トップ «前の日記(2014/04/05) 最新 次の日記(2014/04/07)» 編集

SikabaneWorksが関係するコンテンツ(主に*band系ローグライク)の開発近況・補足から全く個人的な雑記まで。

[WEB:屍の見える丘公園]| [RSS]

Angband | Badiashimshe | C# | CRAUZEL | D'angband/小説草稿 | D'angband/開発 | DarkSouls | Demon'sSouls | DungeonCrawl | ElvenUteruses | Haskell | Hengband | J9シリーズ | LEGO | LineDrawing | MISC | MTG | Mac | Math | Moria | R-18 | Roguelike | Rough | RoughSketch | Ruby | SDL | UNIX | VMware | WarHammer | Zangband | アタシラヂョウヲウ | イラスト | ガジェット | ゲーム | ゲーム紹介 | ゲーム製作技術 | ゲーム論 | スケッチ | ツクール | テクノロジー | ニコニコ動画 | ファルコム | ファンタジー | マリオ | ヴィーヤウトゥムノ | 別記事追加予定 | 変愚蛮怒 | 変愚蛮怒/スポイラー | 変愚蛮怒/元ネタ探訪 | 変愚蛮怒/攻略 | 変愚蛮怒/開発 | 宗教 | 情報 | 政治 | 文字コード | 日ペ昔話 | 東方ワンドロ | 東方外法漢女 | 歴史 | 漫画製作 | 版権絵 | 画像処理 | 翻訳 | 自然言語 | 艦隊これくしょん | 落書き | 言語解析 | 読書 | 超人ロック | 追記予定 | 通信 | 阿片窟 | 馬鹿馬鹿蛮怒/開発 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魚類版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負


2014/04/06

[ヴィーヤウトゥムノ]甲鱗のワーム/Scaled wurm (L.Green 'w')

=== Num:1100  Lev:88  Rar:2  Spd:+0  Hp:6666  Ac:66  Exp:30000
氷河期のあいだに繁栄を極めたこのワームは、キイェルドーのありとあらゆる人
々にとって恐怖の的だった。その巨体と狂暴な性格が呼び起こした悪夢は数知れ
ない―甲鱗のワームはまさに、氷河期の災厄の象徴だった。
それは通常地下 88 階で出現し、普通の速さで動いている。このモンスターを倒
すことは 50 レベルのキャラクタにとって 約50769.23 ポイントの経験となる。
それは AC66 の防御力と 6666 の体力がある。それは進化しない。それは侵入者
を見過ごしがちであるが、 100 フィート先から侵入者に気付くことがある。それは
14 個までの上質なアイテムや財宝を持っていることがある。それは 7d77 のダ
メージで噛んで攻撃する。

0

Romunqualy

鬼畜大佐『ロムンクァリィ』
氷河期の災厄の象徴!氷河期の災厄の象徴じゃないか!

Urwen

アッキ=ニンジャ『ウルウェン』
キイェルドーのありとあらゆる人々にとって恐怖の的!
キイェルドーのありとあらゆる人々にとって恐怖の的じゃないか!

Romunqualy

鬼畜大佐『ロムンクァリィ』
中の奴個人的にはうまくパラメータづけできた、
と思っているらしいけどどうかねえ。

[ヴィーヤウトゥムノ]万色ハウンド/Multi-hued hound (Multi 'Z')

=== Num:513  Lev:33  Rar:2  Spd:+5  Hp:30d10  Ac:40  Exp:600
虹色に輝くこのハウンドは美しく、しかも非常に危険だ。
それは通常地下 33 階で出現し、やや素早く動いている。この自然界のモンス
ターを倒すことは 50 レベルのキャラクタにとって 約380.77 ポイントの経験と
なる。それは通常集団で現れる。それは酸や稲妻や火炎や冷気や毒のブレスを吐
くことがある(確率:1/5)。それは AC40 の防御力と 30d10 の体力がある。それは
ドアを打ち破ることができる。それは光っている。それは酸と稲妻と炎と冷気と
毒の耐性を持っている。それは進化しない。それは混乱しないし、眠らされな
い。それは侵入者をかなり警戒しており、 250 フィート先から侵入者に気付くこ
とがある。それは 3d6 のダメージでひっかいて攻撃し、 3d6 のダメージでひっ
かいて攻撃し、 4d4 のダメージで噛んで攻撃し、 4d4 のダメージで噛んで攻撃
する。

3

Romunqualy

鬼畜大佐『ロムンクァリィ』
全然美しくないやん。

Urwen

アッキ=ニンジャ『ウルウェン』
ゴルァ、中の奴エフェクトでサボってんじゃねえぞ!