トップ «前の日記(2013/11/11) 最新 次の日記(2013/11/13)» 編集

SikabaneWorksが関係するコンテンツ(主に*band系ローグライク)の開発近況・補足から全く個人的な雑記まで。

[WEB:屍の見える丘公園]| [RSS]

Angband | Badiashimshe | C# | CRAUZEL | D'angband/小説草稿 | D'angband/開発 | DarkSouls | Demon'sSouls | DungeonCrawl | ElvenUteruses | Haskell | Hengband | J9シリーズ | LEGO | LineDrawing | MISC | MTG | Mac | Math | Moria | R-18 | Roguelike | Rough | RoughSketch | Ruby | SDL | UNIX | VMware | WarHammer | Zangband | アタシラヂョウヲウ | イラスト | ガジェット | ゲーム | ゲーム紹介 | ゲーム製作技術 | ゲーム論 | スケッチ | ツクール | テクノロジー | ニコニコ動画 | ファルコム | ファンタジー | マリオ | ヴィーヤウトゥムノ | 別記事追加予定 | 変愚蛮怒 | 変愚蛮怒/スポイラー | 変愚蛮怒/元ネタ探訪 | 変愚蛮怒/攻略 | 変愚蛮怒/開発 | 宗教 | 情報 | 政治 | 文字コード | 日ペ昔話 | 東方ワンドロ | 東方外法漢女 | 歴史 | 漫画製作 | 版権絵 | 画像処理 | 翻訳 | 自然言語 | 艦隊これくしょん | 落書き | 言語解析 | 読書 | 超人ロック | 追記予定 | 通信 | 阿片窟 | 馬鹿馬鹿蛮怒/開発 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魚類版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負


2013/11/12

[変愚蛮怒/開発]変愚蛮怒開発日誌part5…鍛冶師のエッセンスダンプ出力

http://sourceforge.jp/projects/hengband/scm/svn/commits/3500

Romunqualy

鬼畜大佐『ロムンクァリィ』
はいはーい、本日も更新できました。フォーラムの要望を拾いまして、
鍛冶師のエッセンスダンプ機能追加です。

2

Urwen

アッキ=ニンジャ『ウルウェン』
青魔や魔道具には独自出力あったのに鍛冶師だけ
なかったんだなあ。こりゃ訴訟もんだ。

Romunqualy

鬼畜大佐『ロムンクァリィ』
中の奴も中の奴で、ゲーム中表示処理の丸々コピーなり関数応用なりで
済むと思ったらはるかに面倒だった、訴訟も辞さない、とさ。
訴訟社会到来なのだわ。

[ヴィーヤウトゥムノ] [U] ウンバールの『サンガハイアンド』/Sangahyando of Umbar (Orange 'p')

=== Num:392  Lev:24  Rar:2  Spd:+0  Hp:800  Ac:80  Exp:400
暗黒の心を持った黒きヌメノール人だ。
彼は通常地下 24 階で出現し、普通の速さで動いている。この邪悪なる人間を倒
すことは 50 レベルのキャラクタにとって 約184.62 ポイントの経験となる。彼
は魔法を使うことができ、減速、記憶消去の呪文を唱えることがある(確
率:1/4)。彼は AC80 の防御力と 800 の体力がある。彼はダンジョンを照らし、
ドアを開け、ドアを打ち破ることができる。彼は稲妻と炎の耐性を持っている。
彼は混乱しないし、眠らされない。彼は侵入者をしばらくは見ており、 250
フィート先から侵入者に気付くことがある。彼は 3 個までの上質なアイテムを持
っていることがある。彼は 4d6 のダメージで殴って攻撃し、 4d6 のダメージで
殴って攻撃し、 4d6 のダメージで殴って攻撃し、 4d6 のダメージで殴って攻撃
する。

4

Romunqualy

鬼畜大佐『ロムンクァリィ』
西方の第三紀の人間かあ、カスタミアって王の子孫だって?
教えてゴルちゃん。

Golfimble

西オークの土侯『ゴルフィンブール』
申し訳ありません、以前の某と同様、第三紀と申しましても
私が生きていた頃より二千年も過去に生きていた人間の王族の末裔で
ありますからして…会ったことはおろか、歴史の詳しい実態も
ほぼ知りようがございません。


Urwen

アッキ=ニンジャ『ウルウェン』
ま、憶測でもいいから、取り留めなく何でも備考をplz。

Golfimble

西オークの土侯『ゴルフィンブール』
第二紀の時点でヌメノールは海に沈み滅んだ訳ですから、
単純にヌメノール人と呼ぶべきかは微妙でありますな…
ただ第三紀の私の時代の頃にも、ハラド人や他の海の民の間で
公然とウトゥムノの神々に対する信仰が息づいておりましたし、
彼とウンバールとやらも大局的には、
恐らく我々の側の人間だったと見てよいのではないでしょうか。